omachizura

面白かった小説、使ってよかったモノ、行ってよかった場所などイロイロ紹介しています。


あなたは解けますか?シンプルで難しい論理問題「結婚相手の国籍は?」

シンプルな論理パズルのようで、別の角度から問題を考える必要があるという問題です。あなたは解けますか?

問題

日本人のAさん、アメリカ人のBさん、イギリス人のCさんという3人の男性がいます。

上記男性3人は、日本人のDさん、アメリカ人のEさん、イギリス人のFさんという3人の女性のいずれかと結婚しています。

上記男性3人は全員、自分と国籍の異なる人と結婚しています。

Aさんが、6人のうちの誰かと以下のような会話をしています。

A「みんな国際結婚なんてすごいよな!」

?「だよな、Aの言うとおりだ。自分がアメリカ人の妻をもつなんて夢にも思わなかったよ!」

このとき、Aさんの妻の国籍はどこでしょう?

※ちなみに最初は「このとき、Aさんの妻は何人でしょう?」と書こうとしましたが、「1人!」というトンチの効いた回答がありそうだったので、「国籍はどこでしょう?」としました。

とくに引っ掛け問題というわけでわなく、論理パズルのような感じですので、興味があったら暇つぶしに考えてみてください。

回答

まず、Aさんが話しかけた相手の?さんについて、?さんの妻はアメリカ人なので、?さんはアメリカ人(Bさん)ではありません。よって、Aさんが話しかけた相手はCさんということになります。

Aさんは日本人なので、Aさんの妻はアメリカ人またはイギリス人であり、Cさんの妻がアメリカ人なので、Aさんの妻はイギリス人ということになります。

答 イギリス人

シンプルな論理パズルのような問題なのですが、会話の流れなども考慮して考える必要があるので、意外と難しかったのではないでしょうか。