omachizura

面白かった小説、使ってよかったモノ、行ってよかった場所などイロイロ紹介しています。


初めて日帰り登山に行くときに準備したものまとめ

ここ最近、登山にハマりだして、5箇所ほど日帰り登山に行っきました。最初はほとんど登山装備を持っていなかったのですが、回を重ねるにつれ「これは必要だな」と思い購入したものや、実際に登山で使ってみて「これは便利だな」と感じたものをまとめます。

初めて登山に行くときに、何を準備したらいいかわからないという方は参考にしてみてください。

リュックサック(デイパック)

日帰り登山の場合は飲食物や着替え(シャツ1枚程度)くらいなので、大きいものでなくとも大丈夫です。

私の場合は、karrimorのデイパック タトラ 20Lという20リットルのリュックを購入したのですが、これでも十分でした。

このリュックは腰のあたりの両サイドにポケットがあるので、リュックを背負ったままペットボトルやカメラを簡単に出し入れできます。購入時は特に考慮していませんでしたが、この機能はとても重宝していますので、おすすめです。

登山靴

里山のトレッキングなどでは普段靴でも問題ないのですが、日帰りとはいえ、登山は足元が悪い箇所が多いです。普段靴で行くと靴によってはすぐに穴が空いてしまったり、滑ってしまうので、安いものでよいので登山靴を買ったほうが快適です。

登山靴はアウトドアショップなどで店員さんにアドバイスをもらいながら色々と試し履きしてみてから購入するのをおすすめします。有名なメーカーの1〜2万の靴を色々と履いてみたのですが、どうも横幅が小さいような気がして、しっくり来なかったのですが、サウスフィールドのメンズ トレッキングシューズ (SF 7F1019) ブラウンという安い靴を履いてみたら、とてもぴったりだったので、この靴を購入しました。

値段が安かったので、途中で壊れたり靴擦れをしないか不安だったのですが、十分に活躍しています。雪山などの厳しいところでは難しいかもしれませんが、最初に購入する靴としては十分な機能です。5000円前後でこの品質はコストパフォーマンスは素晴らしいと思います。

安すぎるが故に購入にためらってしまうところがありますが、値段やメーカーにこだわらずに実際に履いてみて一番しっくりときたものを購入するのをおすすめします。

スクープジャケット

スクープジャケットというと聞きなれないかもしれませんが、防水・透湿性に優れたジャンパーです。早朝や山頂などは、季節にかかわらず寒いですので、必要になりました。

近所のアウトドアショップで、ノースフェイスのScoop Jacketを購入しました。

登山のときだけでなく、普段の通勤時や私服としても幅広く活用しています。値段はそこそこしますが、高いだけあって機能は申し分なく、雨も染みてきませんし、風も防いでくれるのでとても暖かいです。

帽子

最初は帽子をかぶらずに登山に行ったのですが、日差しの強さに頭がとても暑くなり、顔の日焼けもすごくなってしまいました。帽子をかぶると蒸れてハゲるということがよく言われますが、紫外線も相当髪によくないようですので、帽子を購入しました。

こちらも近所のアウトドアショップで、ノースフェイスのGTX Hatを購入しました。

帽子をかぶること自体すごく久しぶりだったのですが、やはり日差しを頭や顔にダイレクトに受けるよりも、格段に快適になりました。休憩ポイントなどで帽子を取ると涼しい風を感じとても気持ちが良くなります。

インナー

登山のために購入したわけではありませんが、 フットサルに最適なおすすめ夏用インナー で紹介したアンダーアーマーのインナーが登山の時にも重宝しています。夏用のインナーなので、夏場はとても快適なのですが、冬は逆に寒くなってしまうので、冬には冬用のインナーをまた購入したいと思います。