omachizura

面白かった小説、使ってよかったモノ、行ってよかった場所などイロイロ紹介しています。


眠れないときに実践してみて効果があった5つの方法

私は今まで、仕事で夜の10時や11時ごろまで残業をしてしまうと、深夜1時頃布団に入っても、頭が冴えてしまい(頭の回転が止まらない)、3時4時になってもなかなか寝ることができない状態でした。「寝なければ!」というプレッシャーを感じてしまい、ますます眠れなくなるという悪循環です。

一睡もできないというほどひどい状態ではありませんでしたが、翌日の仕事に支障をきたすので、なんとか改善したいと思いました。

同僚にアドバイスを聞いてみたり、ネットで調べたりして、いろいろと実践してみて、効果があった方法を5つ紹介します。

腹筋(筋トレ)をする

少し強引な方法かもしれませんが、その場で一番簡単にできる方法なので、一番手軽にできます。

布団に入って、寝れないと感じたら腹筋を50回ほど行っています。その後は疲れてすぐに寝てしまいます。

50回ではなく、自分が少しキツイなと感じる回数でいいと思います。

午後はカフェインを控える

昼食の後のコーヒーを最後に、その後はコーヒーを控えるようにしました。お茶も同様です。

同僚曰く、カフェインは作用するのに時間差があるとのことです。なので、午後の休憩時間には白湯(お湯)を飲むようにしています。

ルイボスティー

ルイボスティーというお茶は、カフェインを含んでいないお茶なので、安心して飲むことができます。以前テレビの健康番組で医師が大絶賛していたため、注目されています。

読書をする

小説を読んでいると自然と眠たくなってきます。普段小説を読むことのない人には逆に効果があるかもしれません。

小説を読むというよりも、テレビ・スマホ・PCをしないということが大切です。

シーツを変える

意外かもしれませんが、かなり効果を感じました。睡眠の改善という目的ではなく、単にシーツが破けてしまったので買い替えたのですが、何故かかなり睡眠の質が上がった気がします。

ベッド周りにはいいものを、という感じで普段より少しいい値段のものを買ったのですが、これが大正解でした。

音楽を聴く

眠れない原因は脳が仕事モードのままだと感じました。なので、寝る前に音楽を聴いてリラックスすることが重要です。

個人的には普段聴いいているようなお気に入りの音楽よりも、昔よく聞いていた懐メロのほうがノスタルジックな気持ちになり、効果を感じました。