omachizura

面白かった小説、使ってよかったモノ、行ってよかった場所などイロイロ紹介しています。


読書に最適な椅子・ソファを選ぶ際のポイントとおすすめ

読書はベッドで寝転んでする、という人が多いかもしれません。私もかつてはそのようなスタイルが多かったのですが、この方法はとても目に悪いらしく、視力を悪くしてしまう可能性があるようです。

このことを知って、読書専用の椅子を購入しようと思い、いろいろと調べてみました。椅子を選ぶ際に参考になるポイントを紹介します。

ゆったりした椅子を選ぶ

長時間その椅子に座り続けるため、椅子を選ぶ際には座り心地や姿勢をとても重要視しているかと思います。

短時間の試し座りでは気持ちのいい座り心地だったとしても、長時間座っていると疲れてしまう場合があります。なのでオフィスチェアのような狭い椅子ではなく、「いろいろな姿勢をとれる椅子」を探すのをおすすめします。

たとえ「最適な姿勢」がとれる椅子に座ったとしても、長時間同じ姿勢でいることは悪い姿勢をとっているのと同じくらい体には負担になってしまいます。

そもそも「最適な姿勢」というのが調べてみてもよくわかりませんでした。うつ伏せなどの悪い姿勢には注意する必要がありますが、結局はいろいろな姿勢がとれて、長時間座っていても疲れないゆったりとした椅子がいいということです。

レザーは避ける

長時間座る椅子なので、レザーの材質だと特に夏は汗でべたつきやすくなってしまいます。なので蒸れそうな素材の椅子は避けたほうが無難です。

材質にこだわると値段が少し高くなってしまいますが、家具は毎日使用するものなのでお金を惜しまずにいい椅子・ソファを選んだほうが後々の後悔がなくなると思います。

おすすめチェア

上記で記載した選ぶ際のポイントにあったおすすめの椅子・ソファを5つ紹介します。

楽天市場で詳細を見る

一人がけソファにオットマンも付いています。組み合わせれば二人がけ、三人がけにもできたりと、豊富なカスタマイズが可能です。


楽天市場で詳細を見る

昔話に登場しそうな、いかにも読書用という雰囲気の漂った椅子です。インテリアの観点から見てもとても魅力的な椅子です。


楽天市場で詳細を見る

こちらもウォーターヒヤシンス一人がけの椅子です。やはりウォーターヒヤシンスが読書の雰囲気を醸しだしてくれます。読書をするには雰囲気作りも大事です。


楽天市場で詳細を見る

フランスの50'sの本流をトレンドの北欧スタイルにあわせたモダンタッチで現在に蘇らせました。という紹介の通り、ヨーロッパのおしゃれな雰囲気を感じさせるとても可愛らしい椅子です。


楽天市場で詳細を見る

北欧テイストの可愛らしい椅子です。アイボリーの色などは狭い部屋に置いても違和感なく馴染めると思います。