omachizura

面白かった小説、使ってよかったモノ、行ってよかった場所などイロイロ紹介しています。


Logicoolのおすすめ無線マウス5製品

日頃からマウスは無線マウスを使用しています。いろいろと試した結果、やはりLogicoolのマウスが自分には一番あっている気がしました。

1度高性能なマウスを体験してしまうと、なかなか何も機能のない普通のマウスには戻れないです。作業効率が格段に変わってきますので、1度高性能なマウスを体験してみるのをおすすめします。

M705r

初めて買った高額のマウスであり、一番のお気に入りのマウスです。ただやはり値段が高いので、壊れるたびにこの価格帯のマウスを購入するのは経済的に厳しそうです。なので、最初の一回だけ高い価格帯のマウスを購入し、自分にとって便利な機能があったらその機能の付いたやすい価格帯のマウスを購入するのがおすすめです。(結果的にですが私はそのような流れになりました)

このスクロールのホイールが慣性の力で(?)ずっと回り続けるので、大きなドキュメントでも一気に下までスクロールができます。このマウスが壊れたあとも、このスクロールの機能が選ぶポイントになっています。

M325

現在使用しているマウスです。重要視しているスクロールのホイールは、M705rほど高性能ではありませんが、少し力をいれてホイールを回すと一気にスクロールすることができます。

また、ホイールを左右に押すとブラウザの戻る・進むボタンと同じ動きをするので、ネットサーフィンをよくする人には重宝する機能だと思います。

上記の機能が付いても価格はかなり安いのがありがたいです。

MX1500

例えばデスクトップとノートの2台のパソコンがあるとしたら、普通はマウスも2つ用意しなければなりませんが、このマウスは最大3代までのパソコンに対応させることができます。

価格はそれなりにしますが、複数台のパソコンを使用している人にとってはこのマウス1つだけを購入すればすむので安上がりだと思います。

M235

価格はとても安いので、「とりあえずマウス移動とクリックができればOK」という人はこれでも十分です。私も現在使用しているマウスが壊れた時のバックアップとして1つこのマウスを持っています。

ただ、最初にも記載しましたが、いいマウスを使えば作業効率が格段に変わってきますので、1度高性能なマウスを体験してみるのをおすすめします。

TM-400

私は持っていませんが、職場で使っている人がいました。トラックボールというタイプのため、使いこなせれば長時間しようしていても手首が全く疲れずに使用できるようです。

価格が高いので手が出しにくいですが、興味がある人は調べてみてください。