omachizura

仕事メモ、役に立ったスキルをまとめています。


Linux MintにLAMP(Linux,Apache,MySQL,PHP)開発環境をインストール

Linux Mintにphpの開発環境を構築した時の作業メモです。Linux Mintのバージョンは18です。XAMPPなどのように一気にインストールするのではなく、端末で一つづつインストールしていきます。

Apacheのインストール

端末で以下のコマンドを実行します。

sudo apt-get install apache2

インストール後、ブラウザでURLをlocalhostと入力し、Default Pageなどと表示されれば無事にインストールされたことを確認できます。

また、以下のコマンドでインストールされたapacheのバージョンを確認できます。

apache2 -v

phpのインストール

端末で以下のコマンドを実行します。

sudo apt-get install php

インストール後、以下のコマンドでインストールされたphpのバージョンを確認できます。

php -v

apacheとphpの連携

最初にlocalhostでphpが動作しているかどうか確認します。/var/www/htmlinfo.phpというphpファイルを作成し、ファイルの中身は以下のように記載します。

<?php phpinfo(); ?>

ブラウザでlocalhost/info.phpとアクセスすればphpの情報が出力されるはずなのですが、おそらく<?php phpinfo(); ?>というファイルの中身がそのまま表示されてしまうと思います。

libapache2-mod-php

apacheとphpを連携するために、モジュールをインストールします。端末で以下のコマンドを実行します。

sudo apt-get install libapache2-mod-php

MySQLのインストール

端末で以下のコマンドを実行します。インストール中にrootユーザのパスワードを設定できます。

sudo apt-get install mysql-server

インストール後、以下のコマンドでインストールされたMySQLのバージョンを確認できます。

mysql --version

php-mysql

php-mysqlはPHPでMySQLに接続するためのモジュールです。端末で以下のコマンドを実行します。

sudo apt-get install php-mysql

phpmyadmin

phpmyadminはMySQLの管理ツールです。端末で以下のコマンドを実行します。

sudo apt-get install phpmyadmin

インストール後、ブラウザでlocalhost/phpmyadminにアクセスします。しかし、Not Foundになってしまうと思います。

apacheの設定ファイル/etc/apache2/apache2.confを管理者権限で開き、以下の文言をファイルの最後に追記します。

Include /etc/phpmyadmin/apache.conf

変更した設定ファイルの内容を反映するために、以下のコマンドでapacheを再起動します。

sudo /etc/init.d/apache2 restart

再度ブラウザでlocalhost/phpmyadminにアクセスすると、phpmyadminのログイン画面が表示されます。

ユーザ名はrootで、パスワードはmysqlをインストールした時に設定したパスワードを入力すればログインできます。