omachizura

仕事メモ、役に立ったスキルをまとめています。


angularjsのdirectiveで共通の戻るボタンの実装例

angularjsのdirectiveを使って、共通の戻るボタンを実装します。

restrictはE(エレメント)を指定し、replaceをtrueに指定することにより、要素そのものを置き換えています。

var app = angular.module('app');
app.directive('cancel', function ($window) {
  return {
    restrict: 'E',
    replace: true,
    template: '<a>戻る</a>',
    link: function (scope, elem, attrs) {
      elem.bind('click', function () {
        $window.history.back(); //1つ前のページに戻る
      });
    }
  };
});