omachizura

仕事メモ、役に立ったスキルをまとめています。


atomでショートカットキーを作成・変更する方法

atomエディタでショートカットキーを設定・変更する方法を紹介します。

設定方法

最初に、まだ割り当てられていないコマンド、例えば「すべて保存(Save All)」のコマンドにショートカットキーを設定する方法を紹介します。

初期設定では「別名で保存(Save As...)」にCtrl + Shift + s(Ctrl + S(大文字))が割り当てられていますが、個人的にはこのショートカットキーは「すべて保存(Save All)」に当てたいと思い、設定を変更しました。

atomのメニューバーのEdit(編集)タブから「Keymap」を選択します。すると、keymap.csonというファイルが開きます。

このファイルにショートカットキーの設定を記載していきます。

「すべて保存(Save All)」にショートカットキーを割り当てる場合は以下のように記載します。

'body':
  'ctrl-S':'window:save-all'

--または
'body':
  'ctrl-shift-s':'window:save-all'

変更方法

いろいろなパッケージを導入していると、ショートカットキーが競合してしまう時があります。

Settingsのkeybindingsでショートカットキーを探すことができます。

atom_keybindingspng

例えば「remote-ftp」というパッケージを導入している場合、リモート画面の表示・非表示のコマンドはデフォルトではCtrl + Alt + oになっていますが、このショートカットキーを変更したい場合はまずkeybindingsで「remote-ftp」と入力して、ショートカットキー絞り込んで目的の処理を見つけます。

atom_keybindings2png

一覧表示されている左側にあるコピーのアイコンをクリックするとショートカットキーの設定項目をコピーすることができます。

コピーした値をそのままkeymap.csonに貼り付けます。

'atom-workspace':
  'ctrl-alt-o': 'remote-ftp:toggle'

ここでショートカットキーを任意の値に変更すればショートカットキーを変更することができます。