omachizura

仕事メモ、役に立ったスキルをまとめています。


canvasでグラデーションを表現する

前回 canvasのアニメーションの基本的な考え方 まではいろいろな図形を描画したり、描画した図形を動かしてアニメーションを表現する方法を紹介しました。

今回は単色だけでなく、グラデーションや透過色を使う方法を紹介します。

線形グラデーション

canvasのグラデーションには線形グラデーションと円形グラデーションの2種類があります。まずは線形グラデーションの使い方を紹介します。

関数

createLinearGradient(始点x座標, 始点y座標, 終点x座標, 終点y座標)

線形グラデーションを使う場合はまずこの関数を使用して、グラデーションのオブジェクトを作成します。グラデーションを描画するという関数ではなく、グラデーションを定義する関数ですので、この関数を実行しただけではグラデーションは描画されません。

定義したグラデーションオブジェクトをfillStyleなどで指定して、実際に描画する関数fillなどを実行すると、グラデーションが描画されます。

addColorStop(オフセット, 色)

グラデーションの色の配分を定義します。オフセットには定義する位置を指定します。0が始点、1が終点となります。なので、例えばaddColorStop(0, 白)addColorStop(1, 黒)を指定した場合は白から黒に変化するグラデーションが定義されます。

サンプル

左半分は縦のグラデーション、右半分は横のグラデーションを描画しています。

var context = canvas.getContext('2d');
var grad

//縦方向のグラデーションを定義
grad  = context.createLinearGradient(0, 0, 0, 600);

//色の流れを定義
//赤から半分の地点で緑を経由して青に変化するグラデーション
grad.addColorStop(0,'rgb(255, 0, 0)');
grad.addColorStop(0.5,'rgb(0, 255, 0)');
grad.addColorStop(1,'rgb(0, 0, 255)');

//定義したグラデーションをスタイルにして描画
context.fillStyle = grad;
context.fillRect(0, 0, 400, 600);

//横方向のグラデーションを定義
grad  = context.createLinearGradient(400, 0, 800, 0);

//色の流れを定義
//赤から半分の地点で緑を経由して青に変化するグラデーション
grad.addColorStop(0,'rgb(255, 0, 0)');
grad.addColorStop(0.5,'rgb(0, 255, 0)');
grad.addColorStop(1,'rgb(0, 0, 255)');

//定義したグラデーションをスタイルにして描画
context.fillStyle = grad;
context.fillRect(400, 0, 800, 600);

円形グラデーション

基本的な考え方は線形グラデーションと同様です。最初に定義するグラデーションのオブジェクトを変更するだけで円形グラデーションを描画できます。

関数

createRadialGradient(始点x座標, 始点y座標, 始点半径, 終点x座標, 終点y座標, 終点半径)

createLinearGradientと違うところは、引数に半径も指定する必要があります。始点で定義した円から終点で定義した円に向かってグラデーションが定義されます。

サンプル

var context = canvas.getContext('2d');
var grad
//円のグラデーションを定義
grad  = context.createRadialGradient(300, 300, 0, 300, 300, 200);

//色の流れを定義
//赤から半分の地点で緑を経由して青に変化するグラデーション
grad.addColorStop(0,'rgb(255, 0, 0)');
grad.addColorStop(0.5,'rgb(0, 255, 0)');
grad.addColorStop(1,'rgb(0, 0, 255)');

context.beginPath();
context.arc(300, 300, 200, (0/180)*Math.PI, (360/180)*Math.PI);
//定義したグラデーションをスタイルにして描画
context.fillStyle = grad;
context.fill();