omachizura

仕事メモ、役に立ったスキルをまとめています。


canvasの基本的な使い方

html5でアニメーションや図形などを作成するcanvas要素の基本的な使い方を学習します。canvasはjavascritpで描画するので、複雑なアニメーションを動的に描画する場合はhtmlの知識だけでなく、プログラミングの知識も必要になってきます。

下準備

html

htmlの要素としてcanvasタグを定義します。

<canvas id="canvas" width="800px" height="600px" style="border:1px solid #000;background-color: #fffac;" ></canvas>

上記ように定義すると黒枠で囲われた横300×縦200のcanvasが表示されます(背景色は周りと区別しやすいように少し色を変えています)。この黒枠の中にjavascriptでいろいろな図形を描画していきます。

注意

canvasのサイズをstyle(css)で設定しないよう注意が必要です。内部的にはcanvasの座標で描画したものを、styleのサイズに拡大・縮小して表示するので、canvasのサイズとstyleのサイズが違っていると正しく表示されないことがあります。

今後は以下のcanvasを使用します。canvasのサイズをwidth=800px,height=600pxで定義し、styleはブラウザの横幅に合わせるようにします。

javascript

javascriptでは下記のように定義します。古いブラウザなどcanvasが対応していない場合も考慮する必要があります。

$(function ($) {
  //jQueryを使用しています
  //画面ロードイベントでcanvasの描画処理を実行します
  var canvas = $('#canvas')[0];
  if (canvas.getContext){ //古いブラウザなどcanvasが未対応の場合は処理を行わない
    var context = canvas.getContext('2d');
    //以降に描画内容を記載する

  }
});

canvas.getContext('2d')で2D(二次元)で描画するということを定義します。引数は'2d'のみ有効です。

座標の考え方

実際にcanvasに図形を描画する際に、描画する位置を指定する必要があります。四角形や円などを描画するいろいろな関数が用意されていますが、ほとんどの関数で描画する位置として、x座標とy座標を引数として渡す必要があります。

(x座標, y座標)として、(0, 0)が左上になります。上記で定義したcanvasの場合は以下のようになります。

(0, 0)
(0, 600)
(800, 0)
(800, 600)

次ページ以降で実際に図形を描画していきます。

canvasで色の指定と四角形の描画 に続きます。