omachizura

仕事メモ、役に立ったスキルをまとめています。


laravel 本番環境にデプロイ・最適化するときの注意点

laravelを本番環境にデプロイするときは、以下のコマンドで最適化することが多いと思います。

composer install

php artisan config:cache

php artisan route:cache

この時、php artisan config:cacheについては注意が必要です。

env関数で値が取得できなくなる

私の環境がたまたまそうなってしまっただけかもしれませんが、env('キー')で値が取得できなくなってしまいました。

configフォルダ内のファイルではenv()関数で値がしっかりと取得できていたので、.envファイルで定義した値をconfig以外で使用する場合はenv()関数で直接取得するのではなく、configに定義してからconfig('キー')のようにしたほうが安心です。

このように、ローカル環境では問題なく動作していたが、本番環境ではなぜか動かないということがよくあるので、本番環境でも一通りの動作確認をするのをおすすめします。