omachizura

SQLの基本的なことからスタートし、高度な検索・集計方法などの応用テクニックまでできるスキルを紹介します。


副問い合わせを理解する

副問い合わせとはSQL文の中に入れ子でSQL文を指定することをいいます。

例えば下記のSQL文は副問い合わせを使用しています。

SELECT 社員名
FROM 社員マスタ AS T1
WHERE EXISTS(
  SELECT 1
  FROM 売上明細 AS S1
  WHERE T1.社員コード = S1.社員コード)

副問い合わせはWHERE句だけでなく、SELECT句やFROM句でも使用することができます。

それぞれの句での副問い合わせの基本的な使い方を紹介します。

SELECT句での副問い合わせ

下記のような使い方をします。

SELECT 社員名
,(
  SELECT MAX(S1.売上金額)
  FROM 売上明細 S1
  WHERE S1.社員コード = T1.社員コード
)
FROM 社員マスタ AS T1

副問い合わせのクエリではメインのクエリの値を使用することができます。上記SQLではT1.社員コードをWHERE句の条件に指定しています。

SELECT句で副問い合わせをするには基本的に副問い合わせの取得結果が1件である必要があります。

SELECTした結果が2件以上の場合はエラーになってしまいます。テスト環境では取得結果が1件でエラーにならなかったが、本番環境では複数件取得してしまいエラーになってしまう、と言った場合もあるので注意が必要です。どんなデータでも1件のみ取得するような副問い合わせをすることが必要です。

FROM句での副問い合わせ

下記のような使い方をします。

SELECT MAX(T1.社員名) AS 社員名
  ,SUM(T2.売上金額) AS 確定売上金額
  ,SUM(T3.売上金額) AS 未確定売上金額
FROM 社員マスタ AS T1
  LEFT JOIN
  (
    SELECT *
    FROM 売上明細 S1
    WHERE 状態区分 = 0
  ) T2
  ON T1.社員コード = T2.社員コード
  LEFT JOIN
  (
    SELECT *
    FROM 売上明細 S1
    WHERE 状態区分 = 1
  ) T3
  ON T1.社員コード = T3.社員コード
GROUP BY T1.社員コード

SELECT句の副問い合わせとは違い、メインのクエリの値を使用することができません。上記SQLでは副問い合わせの中でT1.社員コードを使用することはできません。

また、FROM句での副問い合わせは、副問い合わせの取得結果が複数件でも問題ありません。

※今回は学習のために上記のようなわかりやすいSQLを例にしましたが、 CASE文で効率よく集計する でCASE文を使った効率のよいSQLを紹介しています。

WHERE句での副問い合わせ

下記のような使い方をします。

SELECT 社員名
FROM 社員マスタ AS T1
WHERE EXISTS
(
  SELECT 1
  FROM 売上明細 AS S1
  WHERE T1.社員コード = S1.社員コード
)

--または

SELECT 社員名
FROM 社員マスタ AS T1
WHERE T1.社員コード IN
(
  SELECT S1.社員コード
  FROM 売上明細 AS S1
)

--または

SELECT 社員名
FROM 社員マスタ AS T1
WHERE T1.社員コード =
(
  SELECT S1.社員コード
  FROM 売上明細 AS S1
  WHERE T1.社員コード = S1.社員コード
  GROUP BY S1.社員コード
)

SELECT句と同様に、副問い合わせのクエリではメインのクエリの値を使用することができます。

EXISTS句は EXISTS文でデータが存在するかチェックを行う で説明したとおりです。

IN句を指定した場合は、副問い合わせの結果が複数件でも問題ありません。

=を指定した場合は、副問い合わせの結果が1件である必要があるので注意が必要です。






  • CASE文で効率よく集計する

    CASE文を使い、効率よく集計するテクニックを説明します。SUMで集計する際に集計したいデータの場合のみ、そのデータの売上金額を足し、それ以外は0を足すという方法で効率よく集計できます。


  • ROLLUP文で小計行・合計行を出力する

    ROLLUP文で小計行・合計行を出力する方法を説明します。ROLLUPという文をGROUP BY句で指定すると、小計行や合計行を出力することができます。


  • 副問い合わせを理解する

    副問い合わせを説明します。副問い合わせとはSQL文の中に入れ子でSQL文を指定することをいいます。


  • DISTINCT文で重複行を1行で表示する方法

    DISTINCT文で重複行を1行で表示する方法を説明します。SELECT句でSELECTのあとにDISTINCTを指定すると、重複した列は1行のみ出力するようになります。


  • WITH句を使い重複するSQL文をまとめる方法

    WITH句でVIEWを作成し重複するSQL文をまとめる方法を説明します。WITH句を使えば1つの副問い合わせ(SQL)を複数の箇所で使いまわすことができます。


  • ROWNUMで行番号を取得する際の注意点

    oracleで行番号を取得する際の基本的な考え方と注意点を紹介します。行番号はROWNUMで取得することができます。注意しなければならないのは、ORDER BYでソートする場合です。ORDER BYは...


  • OVER句の分析関数で効率よくデータを集計する

    分析関数を使用すれば、効率よく簡単にデータを集計することができます。集計関数COUNTの後にOVERを指定して、分析関数として集計します。OVERの中のPARTITION BYとORDER BYで分析...


  • PARTITION BYで効率よくデータを取得する

    PARTITION BYをうまく使用すれば、効率よく簡単にデータを集計だけでなく、取得することができます。PATITION BYで部署コード単位で集計することができるようになります。売上累計の降順で並...


  • IN句をEXISTS句に変換する方法

    IN句をEXISTS句に変換する方法を紹介します。IN句よりもEXISTS句のほうがパフォーマンスが良くなる場合が多いので、主にレスポンス対策としてこの書き換えを行うことが多いと思います。


  • チューニングでレスポンス改善に効果のあったポイント

    1回のSQLで一気にまとめて取得したほうがレスポンスは早いイメージがありますが、あまり大量のデータを扱うSQLを実行するとサーバーに負荷がかかってしまい、遅くなってしまうことがあります。