omachizura

SQLの基本的なことからスタートし、高度な検索・集計方法などの応用テクニックまでできるスキルを紹介します。


FROM句:テーブルの結合の考え方

「社員マスタ」と「部署マスタ」というテーブルがあります。社員はそれぞれ1つの部署に所属しています。

社員マスタ
社員コード社員名部署コード
1テスト社員11
2テスト社員22
3テスト社員31
部署マスタ
部署コード部署名
1開発部
2営業部

課題

社員と所属部署の一覧を表示したい。

SQLは下記のようになります。

SELECT T1.社員名, T2.部署名
FROM 社員マスタ AS T1
  JOIN 部署マスタ AS T2
  ON T1.部署コード = T2.部署コード

社員名は社員マスタ、部署名は部署マスタから取得するため、FROM句で複数のテーブルを指定する必要があります。

部署コードのように、複数のテーブルで同名のカラム名がある場合は、社員マスタ.部署コードのように、どのテーブルのカラムなのか明示する必要があります。

社員マスタ AS T1のように、FROM句でテーブルを指定する際に、別名を定義することができ、T1.社員マスタというようなテーブル名での指定が可能になります。

複数のテーブルを指定するには、JOIN句を使用し、テーブル同士を結合します。

ON T1.部署コード = T2.部署コードの部分で、結合条件を指定しています。

結合条件

下記のように結合条件を1=1(常に条件を満たす=条件を指定しない)にして実行した場合を見てみます。

SELECT T1.社員名, T2.部署名
FROM 社員マスタ AS T1
  JOIN 部署マスタ AS T2
  ON 1=1
実行結果
社員名部署名
テスト社員1開発部
テスト社員1営業部
テスト社員2開発部
テスト社員2営業部
テスト社員3開発部
テスト社員3営業部

1社員につき2レコード表示されてしまいます。

結合条件を指定しないと、指定したテーブル同士で考えられるすべての組み合わせ(直積)を出力してしまいます。

社員マスタが3件(3通り)と部署マスタが2件(2通り)で、3通り×2通り=6通り(件)出力されることになります。

わかりやすくするために、社員マスタの部署コードと、部署マスタの部署コードを表示させます。

SELECT T1.社員名
  ,T2.部署名
  ,T1.部署コード AS 社員_部署コード
  ,T2.部署コード AS 部署_部署コード
FROM 社員マスタ AS T1
  JOIN 部署マスタ AS T2
  ON 1=1
実行結果
社員名部署名社員_部署コード部署_部署コード
テスト社員1開発部11
テスト社員1営業部12
テスト社員2開発部21
テスト社員2営業部22
テスト社員3開発部21
テスト社員3営業部22

グレーアウトされている行は、社員マスタの部署コードとは違う部署の部署名を出力しているので、本来は出力してはいけないデータです。

社員マスタの部署コードに紐づく部署名を出力したいので、結合条件で社員マスタ.部署コード=部署マスタ.部署コードと指定します。





前へ
1

前へ
1