omachizura

ホームページの基本的なことからスタートし、WEBアプリの開発までできるスキルを紹介します。


aspの基本的な文法

サーバ処理は<% %>で囲みます。

サーバ処理(<% %>で囲まれた箇所)は出力(レスポンス)されません。

サーバ処理以外の箇所は普通のhtmlと同じように、そのまま出力されます。

サーバ処理で変数などを出力したい場合はresponse.write(出力する変数など)を使用します。

<% resonse.write("sample") %><%= "sample" %>と書き換えることができます。

下記にサンプルを示します。


<!DOCTYPE HTML>
<html>

<head>
  <title>商品マスタ</title>
  <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8" />
</head>
<%
  'この部分はサーバ処理のため出力されません
  dim outtext
  outtext = "テスト出力"
%>
<body>
<% '↓この部分はサーバ処理で「出力する処理」を行っているため「サーバ処理で出力」と出力されます %>
<% response.write("サーバ処理で出力") %>
<% '↑ %>
  <table class="common-table">
    <caption>商品マスタ</caption>
    <thead>
      <tr>
        <th>商品コード</th>
        <th>商品名</th>
        <th>単価</th>
      </tr>
    </thead>
    <tbody>
<%
  'SQLでデータ取得
  Rs.Open strSql,Conn,3,1
  If Not Rs.EOF Then
    Do While Not Rs.EOF
      '1件ずつ出力する
      response.write("<tr><td>" & Rs("商品コード") & "</td><td>" & Rs("商品名") & "</td><td>" & Rs("単価") & "</td>")
      Rs.MoveNext
    Loop
  End If

  Rs.Close
  Conn.Close
%>
    </tbody>
  </table>
<%' ↓の処理は2行とも同じ結果になります %>
  <p><%= outtext %></p>
  <p><% response.write(outtext) %></p>
<% '↑ %>
</body>
</html>

サーバ側でプログラムを実行し、出力されたhtmlは下記にのようになります。

<!DOCTYPE HTML>
<html>

<head>
  <title>商品マスタ</title>
  <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8" />
</head>

<body>
サーバ処理で出力
  <table class="common-table">
    <caption>商品マスタ</caption>
    <thead>
      <tr>
        <th>商品コード</th>
        <th>商品名</th>
        <th>単価</th>
      </tr>
    </thead>
    <tbody>
<tr><td>1</td><td>ペン</td><td>100</td>
<tr><td>2</td><td>ノート</td><td>200</td>
    </tbody>
  </table>

  <p>テスト出力</p>
  <p>テスト出力</p>
</body>
</html>

エンコード処理

例えば"<strong>sample<string>"を文字列として表示したい場合、
<% resonse.write("<strong>sample<string>") %>としても、
<>はhtmlのタグとして認識されてしまい、sampleと表示されてしまいます。htmlでは,<&lt;と記述し,>&gt;と記述する必要があります。

そのためには出力する文字列をエンコード処理する必要があります。上記の例をエンコードする場合は
<% resonse.write(Server.HTMLEncode("<strong>sample<string>")) %>という処理になります。





前へ
1

  • ホームページの仕組み・基本

    ホームページとWEBアプリケーションの違いは、ホームページとは基本的に作成者が一方的に情報を公開するサイトのことを差します。


  • WEBアプリの仕組み・基本

    WEBアプリの基本的な仕組みを説明します。まずは、WEBアプリで頻繁に登場する用語の説明を交えながら、ホームページの仕組みについて復習します。


  • サーバ処理の基本

    サーバ処理でhtmlファイルをそのまま出力している場合は、データが変わるごとに、htmlファイルを書き換えなければなりません。


  • aspの基本的な文法

    aspの基本的な文法について説明します。サーバ処理以外の箇所は普通のhtmlと同じように、そのまま出力されます。サーバ処理で変数などを出力したい場合はresponse.write(出力する変数など)を...


  • htmlで入力したデータをサーバ側に送信する方法 その1

    classic aspでhtmlで入力したデータをサーバ側に送信する方法ついて説明します。下記のような画面で、商品名と単価を入力して登録ボタンを押したら、データベースにデータが登録されるような処理の実...


  • htmlで入力したデータをサーバ側に送信する方法 その2

    classic aspでhtmlで入力したデータをサーバ側に送信する方法ついて説明します。サーバ側ではコントロールのname属性をキーに値を取得するので、それぞれのコントロールにname属性を指定しま...


  • GETとPOSTの違い

    GETとPOSTの違いについて説明します。formのmethod属性には、GETとPOSTの2種類があります。method属性では送信(リクエスト)の方法を指定しています。何も指定しない場合はGETで...


  • サーバ処理でクライアントからの情報を取得する方法

    classic aspでサーバ処理でクライアントからの情報を取得する方法について説明します。クライアント側からサーバ側への送信処理は実装できたので、次はサーバ側でデータの登録を行う処理を実装します。


  • 登録時にデータの入力チェックを行う方法

    classic aspで登録時にクライアントとサーバでデータの入力チェックを行う方法について説明します。誤って不正なデータを登録してしまうのを防ぐために、ユーザが入力した内容をチェックする処理を実装し...


  • 入力エラー時にテキストボックスの値を保持する

    classic aspで入力エラー時にテキストボックスの値を保持する方法について説明します。現状では、入力チェックでエラーになった場合、ユーザがテキストボックスに入力した値がクリアされてしまいます。入...


前へ
1