GETとPOSTの違い

formmethod属性には、GETPOSTの2種類があります。

method属性では送信(リクエスト)の方法を指定しています。何も指定しない場合はGETで送信されます。

GET

URLを入力して直接画面遷移するときなどはGETとして送信されます。

formsubmitしたときはクエリストリング(URLの一部)として渡されます。

URLの長さには限界があるので、1度に大量のデータは送ることができません。

URLsubmitした内容が表示されます。

クエリストリングはクライアント側で自由に変更可能なので、formの値を送信する場合は通常GETは使用しません。

サーバ側での取得方法はrequest.querystring("name")で取得します。

POST

formmethod=postのときにsubmitしたらPOSTとして送信されます。

URLにsubmitした内容は表示されないので、1度に大量のデータを送ることができます。

サーバ側での取得方法はrequest.form("name")で取得します。


関連記事