SQL 副問い合わせの基本を理解する

副問い合わせとはSQL文の中に入れ子でSQL文を指定することをいいます。

例えば下記のSQL文は副問い合わせを使用しています。

SELECT 社員名
FROM 社員マスタ AS T1
WHERE EXISTS(
    SELECT 1
    FROM 売上明細 AS S1
    WHERE T1.社員コード = S1.社員コード)

副問い合わせはWHERE句だけでなく、SELECT句やFROM句でも使用することができます。

それぞれの句での副問い合わせの基本的な使い方を紹介します。

SELECT句での副問い合わせ

下記のような使い方をします。

SELECT 社員名
,(
  SELECT MAX(S1.売上金額)
  FROM 売上明細 S1
  WHERE S1.社員コード = T1.社員コード
)
FROM 社員マスタ AS T1

副問い合わせのクエリではメインのクエリの値を使用することができます。上記SQLではT1.社員コードWHERE句の条件に指定しています。

SELECT句で副問い合わせをするには基本的に副問い合わせの取得結果が1件である必要があります。

SELECTした結果が2件以上の場合はエラーになってしまいます。

テスト環境では取得結果が1件でエラーにならなかったが、本番環境では複数件取得してしまいエラーになってしまう、と言った場合もあるので注意が必要です。どんなデータでも1件のみ取得するような副問い合わせをすることが必要です。

FROM句での副問い合わせ

下記のような使い方をします。

SELECT MAX(T1.社員名) AS 社員名
  ,SUM(T2.売上金額) AS 確定売上金額
  ,SUM(T3.売上金額) AS 未確定売上金額
FROM 社員マスタ AS T1
  LEFT JOIN
  (
    SELECT *
    FROM 売上明細 S1
    WHERE 状態区分 = 0
  ) T2
  ON T1.社員コード = T2.社員コード
  LEFT JOIN
  (
    SELECT *
    FROM 売上明細 S1
    WHERE 状態区分 = 1
  ) T3
  ON T1.社員コード = T3.社員コード
GROUP BY T1.社員コード

SELECT句の副問い合わせとは違い、メインのクエリの値を使用することができません。

上記SQLでは副問い合わせの中でT1.社員コードを使用することはできません。

また、FROM句での副問い合わせは、副問い合わせの取得結果が複数件でも問題ありません。

※今回は学習のために上記のようなわかりやすいSQLを例にしましたが、SQL CASE文で効率よく集計するテクニックCASE文を使った効率のよいSQLを紹介しています。

WHERE句での副問い合わせ

下記のような使い方をします。

SELECT 社員名
FROM 社員マスタ AS T1
WHERE EXISTS
(
    SELECT 1
    FROM 売上明細 AS S1
    WHERE T1.社員コード = S1.社員コード
)

--または

SELECT 社員名
FROM 社員マスタ AS T1
WHERE T1.社員コード IN
(
    SELECT S1.社員コード
    FROM 売上明細 AS S1
)

--または

SELECT 社員名
FROM 社員マスタ AS T1
WHERE T1.社員コード =
(
    SELECT S1.社員コード
  FROM 売上明細 AS S1
    WHERE T1.社員コード = S1.社員コード
  GROUP BY S1.社員コード
)

SELECT句と同様に、副問い合わせのクエリではメインのクエリの値を使用することができます。

EXISTS句はsql-existsで説明したとおりです。

IN句を指定した場合は、副問い合わせの結果が複数件でも問題ありません。

=を指定した場合は、副問い合わせの結果が1件である必要があるので注意が必要です。


関連記事

  • SQL WITH句でVIEWを作成し重複するSQL文をまとめる

    WITH句でVIEWを作成し重複するSQL文をまとめる方法を説明します。WITH句を使えば1つの副問い合わせ(SQL)を複数の箇所で使いまわすことができます。


  • SQL OVER句の分析関数で効率よくデータを集計する

    分析関数を使用すれば、効率よく簡単にデータを集計することができます。集計関数COUNTの後にOVERを指定して、分析関数として集計します。OVERの中のPARTITION BYとORDER BYで分析...


  • SQL ORDER BY句で取得したデータを並び替える

    ORDER BY句で取得したデータを並び替える(ソート)方法について説明します。取得するデータを並び替えるには、ORDER BY句でソートしたいカラムを指定します。


  • SQL oracleでnullを比較する際の注意点

    oracleでnullを扱うときに注意する点をまとめました。値がnullのデータを取得したいときは、イコール(=)ではなくIS NULLで取得する必要があります。nullも含めて取得する場合は、NVL...


  • SQL MERGE文でINSERTとUPDATEを一回で行う

    テーブルにデータがすでに存在している場合は更新(UPDATE)、存在していない場合は登録(INSERT)をしたい場合があると思います。MERGE文を使えば一回のSQLで、INSERTとUPDATEの処...


  • SQL PARTITION BYで効率よくデータを取得する

    PARTITION BYをうまく使用すれば、効率よく簡単にデータを集計だけでなく、取得することができます。PATITION BYで部署コード単位で集計することができるようになります。売上累計の降順で並...


  • SQL INSERT文でデータを登録する

    INSERT文でデータベースに新しいデータを登録する方法を紹介します。テーブルに新しいデータを登録したい場合、以下のようなSQLを実行します。


  • SQL インデックスが効かない場合の原因と対処法

    テーブルにインデックスを張っていても実行計画を見るとなぜかテーブルがフルスキャンされていて「なんで?」となった経験があるかと思います。せっかく張ったインデックスが効かないSQLの実装例と対処法を紹介し...


  • SQL IN句をEXISTS句に変換する方法

    IN句をEXISTS句に変換する方法を紹介します。IN句よりもEXISTS句のほうがパフォーマンスが良くなる場合が多いので、主にレスポンス対策としてこの書き換えを行うことが多いと思います。


  • SQL IN句に1000件以上要素を指定したときのエラーの対処法

    SQLのIN句に1000件以上指定するとORA-01795: リストに指定できる式の最大数は1000です。のエラーが発生してしまいます。EXISTS句に書き換えられる場合は書き換えてしまうのが一番簡単...