SQL WHERE句でデータを絞り込む

「社員マスタ」と「部署マスタ」というテーブルがあります。

今回は、社員マスタに「年齢」カラムを追加してあります。

社員マスタ
社員コード社員名部署コード年齢
1テスト社員1122
2テスト社員2130
3テスト社員3null20
4テスト社員4230
部署マスタ
部署コード部署名
1開発部
2営業部

年齢が25歳以上で営業部に所属する社員を表示したい。

SQLは下記のようになります。

SELECT T1.社員名
    ,T2.部署名
FROM 社員マスタ AS T1
    LEFT JOIN 部署マスタ AS T2
    ON T1.部署コード = T2.部署コード
WHERE T1.年齢 >= 25
    AND T1.部署コード = 2
実行結果
社員名部署名
テスト社員2開発部
テスト社員4営業部

取得するデータを絞り込むには、WHERE句で条件を指定します。

FROM句の結合条件との違い

FROM句の結合条件とWHERE句の条件を混同しないように注意が必要です。

例えば、上記のSQLWHERE句の条件をFROM句の結合条件に移動させてみます。

SELECT T1.社員名
    ,T2.部署名
FROM 社員マスタ AS T1
    LEFT JOIN 部署マスタ AS T2
    ON T1.部署コード = T2.部署コード
    AND T1.年齢 >= 25
    AND T1.部署コード = 2
実行結果
社員名部署名
テスト社員1null
テスト社員2開発部
テスト社員3null
テスト社員4営業部

LEFT JOINでは、結合条件に関わらず、メインのテーブルは必ず出力するため、いくら結合条件を追加しても、社員マスタのデータはWHERE句で絞りこまない限り全件出力されてしまいます。

また、テスト社員1は開発部(部署コード=1)に属していますが、結合条件で部署コード = 2を指定したため、条件に合わず部署マスタとひもづけることができないため、部署名はnullになってしまいます。

ちなみにLEFT JOIN(外部結合)でなくJOIN(内部結合)で結合すれば、結合条件に合わないデータは取得されないため、WHERE句で指定した場合と同じ結果が得られますが、可読性を考慮して、データの絞り込みはWHERE句で行うようにしましょう。

結合条件で条件を指定する例

例えば、部門マスタに削除フラグというカラムがあり、削除フラグ=1の部署は、社員がその部署に所属していたとしても表示したくない場合があります。

年齢が25歳以上の社員を表示したい。ただし所属部署が削除されていた場合(削除フラグ=1)は部署名には何も表示したくない。

部署マスタ
部署コード部署名削除フラグ
1開発部0
2営業部1
SELECT T1.社員名
    ,T2.部署名
FROM 社員マスタ AS T1
    LEFT JOIN 部署マスタ AS T2
    ON T1.部署コード = T2.部署コード
    AND T1.削除フラグ <> 1
WHERE T1.年齢 >= 25
実行結果
社員名部署名
テスト社員2開発部
テスト社員4null

結合条件で削除フラグ<>1の条件があるため、社員マスタのテスト社員4と部署マスタの営業部は紐付かず、「営業部」とは表示されません。

ただし、結合条件で紐付かなくても、外部結合(LEFT JOIN)の場合はテスト社員4のデータ自体は出力されます。

また、テスト社員1とテスト社員3のデータが出力されないのはWHERE句の年齢の条件にマッチしないためです。


関連記事

  • SQL WITH句でVIEWを作成し重複するSQL文をまとめる

    WITH句でVIEWを作成し重複するSQL文をまとめる方法を説明します。WITH句を使えば1つの副問い合わせ(SQL)を複数の箇所で使いまわすことができます。


  • SQL UPDATE文でデータを更新する

    UPDATE文でデータベースに新しいデータを更新する方法を紹介します。自身の値を参照する方法や、副問い合わせの結果をUPDATEする方法も合わせて紹介します。副問い合わせの結果を更新する場合、SETす...


  • SQL 副問い合わせの基本を理解する

    副問い合わせを説明します。副問い合わせとはSQL文の中に入れ子でSQL文を指定することをいいます。


  • SQL SELECT句の基本的な使い方

    SELECT句の基本的な使い方について説明します。


  • SQL SELECTした結果をINSERTで登録する

    SELECT-INSERT文なら、SELECTしたデータをそのまま一気にまとめて登録できるので、実装も簡単ですのでおすすめです。件数分ループでSQLを実行するよりも1回のSQLで一気にまとめて処理でき...


  • SQL ORACLEのROWNUMで行番号を取得する際の注意点

    oracleで行番号を取得する際の基本的な考え方と注意点を紹介します。行番号はROWNUMで取得することができます。注意しなければならないのは、ORDER BYでソートする場合です。ORDER BYは...


  • SQL ROLLUP文で小計行・合計行を出力する (oracle, sql server)

    「社員マスタ」と「売上明細」というテーブルがあります。売上明細テーブルには、社員の売上情報が格納されています。社員ごとに、会社ごとの売上合計を表示し、社員ごとにすべての会社の小計行も出力したい、また最...


  • SQL チューニングでレスポンス改善に効果のあったポイント

    1回のSQLで一気にまとめて取得したほうがレスポンスは早いイメージがありますが、あまり大量のデータを扱うSQLを実行するとサーバーに負荷がかかってしまい、遅くなってしまうことがあります。


  • SQLとプログラミング言語の考え方の違い

    SQLは手続き型言語のように、上から考えるのではなく、集合を操作するという感覚で実装するとうまくいくように思います。また、上からではなく、逆に下から考えるという発送も必要だと思います。1ステップずつ実...


  • PL/SQL プロシージャでSQL文の中で条件分岐を行う

    PL/SQLプロシージャで、パラメータなどの値によってSQLの条件を変更するとき、IF文で条件分岐をすることができますが、IFとELSEで同じようなSQLの場合は、同じようなSQLを複数箇所に記述しな...