SQL WITH句でVIEWを作成し重複するSQL文をまとめる

WITH句を使えば1つの副問い合わせ(SQL)を複数の箇所で使いまわすことができます。

例としてSQL 副問い合わせの基本を理解するで扱ったFROM句の副問い合わせのSQLをおさらいします。

SELECT MAX(T1.社員名) AS 社員名
  ,SUM(T2.売上金額) AS 確定売上金額
  ,SUM(T3.売上金額) AS 未確定売上金額
FROM 社員マスタ AS T1
  LEFT JOIN
  (
    SELECT *
    FROM 売上明細 S1
    WHERE 状態区分 = 0
  ) T2
  ON T1.社員コード = T2.社員コード
  LEFT JOIN
  (
    SELECT *
    FROM 売上明細 S1
    WHERE 状態区分 = 1
  ) T3
  ON T1.社員コード = T3.社員コード
GROUP BY T1.社員コード

※今回は学習のために上記のようなわかりやすいSQLを例にしましたが、SQL CASE文で効率よく集計するテクニックでCASE文を使った効率のよいSQLを紹介しています。

もしこのSQLで「2015年5月の売上のみ集計したい」という場合、副問い合わせを使えば、下記のSQLのようになります。

SELECT MAX(T1.社員名) AS 社員名
  ,SUM(T2.売上金額) AS 確定売上金額
  ,SUM(T3.売上金額) AS 未確定売上金額
FROM 社員マスタ AS T1
  LEFT JOIN
  (
    SELECT *
    FROM 売上明細 S1
    WHERE 状態区分 = 0
      AND S1.売上年月 BETWEEN '20150501' AND '20150531'
  ) T2
  ON T1.社員コード = T2.社員コード
  LEFT JOIN
  (
    SELECT *
    FROM 売上明細 S1
    WHERE 状態区分 = 1
      AND S1.売上年月 BETWEEN '20150501' AND '20150531'
  ) T3
  ON T1.社員コード = T3.社員コード
GROUP BY T1.社員コード

この方法では、T2,T3を取得する副問い合わせのSQLでそれぞれ売上明細テーブルを同じように集計しています。

そのため、売上明細テーブルに大量のデータがあった場合、レスポンスがどんどん遅くなってしまいます。

WITH句で同じような集計テーブルは最初に指定してしまいます。

WITH句を指定したSQLは下記のようになります。

WITH 売上明細_WITH AS(
  SELECT *
  FROM 売上明細 S1
  WHERE S1.売上年月 BETWEEN '20150501' AND '20150531'
)
SELECT MAX(T1.社員名) AS 社員名
  ,SUM(T2.売上金額) AS 確定売上金額
  ,SUM(T3.売上金額) AS 未確定売上金額
FROM 社員マスタ AS T1
  LEFT JOIN
  (
    SELECT *
    FROM 売上明細_WITH S1 --WITH句で定義したテーブルを参照
    WHERE 状態区分 = 0
  ) T2
  ON T1.社員コード = T2.社員コード
  LEFT JOIN
  (
    SELECT *
    FROM 売上明細_WITH S1 --WITH句で定義したテーブルを参照
    WHERE 状態区分 = 1
  ) T3
  ON T1.社員コード = T3.社員コード
GROUP BY T1.社員コード

この方法なら売上年月='201505'で絞り込んだ売上明細テーブルをT2,T3を取得する副問い合わせのSQLで使用しているため、データの件数や内容にもよりますが、レスポンスはだいぶ改善されるはずです。

上記例では売上年月のみの条件でしたが、複雑な条件になってくると、同じ条件の副問い合わせを何箇所も実装するのは大変なので、副問い合わせで同じような集計テーブルがあった場合はWITH句で最初に指定してしまうと、実装がだいぶ楽になります。


関連記事

  • SQL WHERE句でデータを絞り込む

    WHERE句でデータを絞り込む方法について説明します。取得するデータを絞り込むには、WHERE句で条件を指定します。


  • SQL UPDATE文でデータを更新する

    UPDATE文でデータベースに新しいデータを更新する方法を紹介します。自身の値を参照する方法や、副問い合わせの結果をUPDATEする方法も合わせて紹介します。副問い合わせの結果を更新する場合、SETす...


  • SQL 副問い合わせの基本を理解する

    副問い合わせを説明します。副問い合わせとはSQL文の中に入れ子でSQL文を指定することをいいます。


  • SQL SELECT句の基本的な使い方

    SELECT句の基本的な使い方について説明します。


  • SQL SELECTした結果をINSERTで登録する

    SELECT-INSERT文なら、SELECTしたデータをそのまま一気にまとめて登録できるので、実装も簡単ですのでおすすめです。件数分ループでSQLを実行するよりも1回のSQLで一気にまとめて処理でき...


  • SQL ORACLEのROWNUMで行番号を取得する際の注意点

    oracleで行番号を取得する際の基本的な考え方と注意点を紹介します。行番号はROWNUMで取得することができます。注意しなければならないのは、ORDER BYでソートする場合です。ORDER BYは...


  • SQL ROLLUP文で小計行・合計行を出力する (oracle, sql server)

    「社員マスタ」と「売上明細」というテーブルがあります。売上明細テーブルには、社員の売上情報が格納されています。社員ごとに、会社ごとの売上合計を表示し、社員ごとにすべての会社の小計行も出力したい、また最...


  • SQL チューニングでレスポンス改善に効果のあったポイント

    1回のSQLで一気にまとめて取得したほうがレスポンスは早いイメージがありますが、あまり大量のデータを扱うSQLを実行するとサーバーに負荷がかかってしまい、遅くなってしまうことがあります。


  • SQLとプログラミング言語の考え方の違い

    SQLは手続き型言語のように、上から考えるのではなく、集合を操作するという感覚で実装するとうまくいくように思います。また、上からではなく、逆に下から考えるという発送も必要だと思います。1ステップずつ実...


  • PL/SQL プロシージャでSQL文の中で条件分岐を行う

    PL/SQLプロシージャで、パラメータなどの値によってSQLの条件を変更するとき、IF文で条件分岐をすることができますが、IFとELSEで同じようなSQLの場合は、同じようなSQLを複数箇所に記述しな...