swig|htmlのヘッダ・フッタの共通化などで実装を効率化する

swightmlの実装すれば、htmlのヘッダーやフッターの共通化などができ、htmlの管理・実装の効率が格段に上がります。

swigとは、テンプレートエンジンの1つで、htmlの中に変数やif文やfor文などのプログラムを書き足して、それをhtmlに変換することができます。

また、phpなどのサーバ言語と違い、ローカルでコンパイルしてhtmlファイルを作成できるので、レンタルサーバーとの契約でサーバ言語が使えない場合でも簡単に導入することができます。

今までどおり、htmlファイルをレンタルサーバに置くだけです。

swigを使った具体例

例えば下記のようなホームページ(html)があるとします。

<!DOCTYPE HTML>
<html>

<head>
  <title>サンプルホームページ</title>
  <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8" />
</head>

<body>
  <!-- 共通ヘッダー -->
  <header>
    swigでhtmlを効率化する方法
  </header>

  <h1>swigとは</h1>
  swigでhtmlの実装しすれば、htmlのヘッダーやフッターの共通化などができ、htmlの管理・実装の効率が格段に上がります。

  <!-- 共通フッター -->
  <footer>
    コピーライト
    問い合わせ先
  </footer>
</body>
</html>

おそらくほとんどの画面でhead部分と共通ヘッダーと共通フッターの部分は共通になる思います。

10ページくらいhtmlで作りこんだあとに、「やっぱり共通ヘッダーのレイアウトを変えたい」となった場合に、すべてのhtmlを直さなければいけなくなります。

しかしswigで実装すれば、ヘッダー部分などを別ファイルにすることができます。なので各画面ではその別ファイルを読み込むだけでいいので、すべての画面で実装し直す手間がなくなります。

まず1ページごとのhtml(拡張子は.swigに変換します)は下記のようになります。

sample.swig
{% include './head.swig' %}

  <h1>swigとは</h1>
  この部分のみ各画面で実装するだけです!!

{% include './foot.swig' %}

上記ソースでincludeしているファイルを作成します。

head.swig
<!DOCTYPE HTML>
<html>

<head>
  <title>サンプルホームページ</title>
  <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8" />
</head>

<body>
  <!-- 共通ヘッダー -->
  <header>
    swigでhtmlを効率化する方法
  </header>

foot.swig

  <!-- 共通フッター -->
  <footer>
    コピーライト
    問い合わせ先
  </footer>
</body>
</html>

gulpを使ってswigをコンパイルする方法

swigからhtmlに変換する方法ですが、gulpというツールを利用すると簡単に変換することができます。

gulpの使い方についてはgulp|gulpの基本的な使い方で詳しく紹介しています。

まずプラグインをインストールします

$ npm install --save-dev gulp-swig

そしてgulpのタスクを作成し、実行するだけでdestで指定した場所に変換されたhtmlファイルが出来上がります。

var swig = require('gulp-swig');

gulp.task('swig', function() {
  gulp.src('sample.swig')
    .pipe(swig())
    .pipe(gulp.dest('dest'));
});

関連記事