寒い冬を乗り越えるための暖か部屋着は「はんてん」で決まり!

寒い冬の日は、家の中で何枚も重ね着してもこたつからなかなか抜けだせずに、苦労している人が多いと思います。

子供の頃に祖父母から半纏(はんてん)を着るように勧められることがよくありましたが、なんとなく格好悪いイメージがあり、恥ずかしくて着るのを敬遠していました。

最近では逆に格好良く感じ、久々に半纏(はんてん)(「ちゃんちゃんこ」と呼ぶことも多いです)を購入したのですが、これがとても暖かく、重宝していますのでレビュー・紹介します。

レビュー

レビューで評判の良かった「久留米袢纏」を購入しましたが、評判通り暖かさは言うまでもありません。それに加え、着用感や使い勝手もとても良く、昔ながらの素晴らしい日本の伝統を感じることが出来ました。

軽い

半纏(はんてん)は見た目は生地が厚く、ゴワゴワ感あり動きづらそうですが、実際はとても軽く、邪魔になって動きづらいということはありません。スウェットなどを重ね着するよりも動きやすいと思います。

半纏(はんてん)を着たままこたつで寝てしまうことも多々あります。

袖の部分が少し余裕があるので、料理や洗い物をするときは腕まくりをしないとうっかり水についてしまうので、その点は注意が必要です。

サイズは大きめでも大丈夫

普段はLサイズの服を着ることが多いのですが、私が購入した時は、XLしかサイズしかなく、XLを購入したのですが、特に違和感なく着こなせていると思います。

逆に適度なゆったり感が出てよかったかもしれません。

子供用や女性用のものもあるので、家族みんなで購入するのもいいと思います。

プレゼントにも最適

とてもあたたかく実用的なので、プレゼントされて困る人はいないと思います。特に若い人は、きっかけがなければ半纏(はんてん)を購入することはないと思います。商品レビューでも親へのプレゼントとして購入した人も多くいました。

なので両親や祖父母へのプレゼントでも喜ばれると思います。


関連記事