SQL SELECTした結果をINSERTで登録する

SELECTINSERTを組み合わせて効率よくデータを登録することができます。

SELECT文で取得したデータをINSERT文でデータベースに新しいデータを登録する方法を紹介します。

「社員マスタ」というテーブルがあります。カラムは下記のとおりです

社員マスタ
社員コード社員名年齢
1テスト社員142
2テスト社員230
3テスト社員320

また、以下のような「退職社員マスタ」というテーブルがあります。

退職社員マスタ
社員コード
5

30歳以上の社員を退職社員マスタに登録したい場合、まずSELECTで対象の社員を取得し、1件づつINSERT文を実行して登録することになると思います。

しかしこのやり方では対象社員の件数が多くなればなるほどINSERT文を実行する回数も増えてしまい、環境によっては処理時間もどんどん長くなってしまいます。

SELECT-INSERT文

SELECT-INSERT文なら、SELECTしたデータをそのまま一気にまとめて登録できるので、実装も簡単ですのでおすすめです。

具体的には以下のようなSQLを実行します。(わかりやすくするためにテーブルには別名を定義しています。)

INSERT INTO 退職社員マスタ T1
(
  T1.社員コード
)
SELECT
  S1.社員コード
FROM
 社員マスタ S1
WHERE
  S1.年齢 >= 30
退職社員マスタ
社員コード
1
2
5

件数分ループでSQLを実行するよりも1回のSQLで一気にまとめて処理できたほうがレスポンスも改善することが多いので、このやり方は覚えておいたほうがいいと思います。

存在チェック

退職社員マスタにすでにデータが登録されている場合を考慮する場合は、社員マスタをSELECTするときに「退職社員マスタにデータが存在しない社員」という条件を加える必要があります。

INSERT INTO 退職社員マスタ T1
(
  T1.社員コード
)
SELECT
  S1.社員コード
FROM
 社員マスタ S1
WHERE
  S1.年齢 >= 30
  AND NOT EXISTS(SELECT 1 FROM 退職社員マスタ S2 WHERE S2.社員コード = S1.社員コード)

すでにデータが存在する場合は、INSERTの代わりにUPDATEをしたい場合もあるかと思います。その場合はMERGE文を使えばINSERTUPDATEを一回のSQLで一気に実行することができます。

SQL MERGE文でINSERTとUPDATEを一回で行うで詳しく紹介しています。


関連記事