cssだけでホバー時にバルーンポップアップを表示させる

javascriptを使わず、cssだけでマウスホバー時に、バルーンポップアップを表示させる方法を紹介します。

完成形は以下のようなイメージです。

最初に完成形のcssを記載します。

.s{
  /*リンクテキストのスタイルです*/
  color: red;
  text-decoration: none;
  position: relative;
}

.s-balloon {
  /*バルーンのスタイルです*/

  /*表示位置を指定します*/
  position: absolute;
  top: -30px;
  left: -15px;

  /*非表示にしておきます*/
  display: none;
  opacity: 0;

  /*表示スタイルを指定します*/
  padding: 5px;
  border-radius: 5px;
  color: white;
  background-color: blue;
  /*影をつけて見栄えを良くします*/
  box-shadow: 0px 1px 2px 0px rgba(0, 0, 0, 0.5),
    inset 0 1px 0 rgba(255, 255, 255, 0.8),
    inset 1px 0 0 rgba(255, 255, 255, 0.3),
    inset -1px 0 0 rgba(255, 255, 255, 0.3),
    inset 0 -1px 0 rgba(255, 255, 255, 0.2);

  /*アニメーションを指定します*/
  animation-duration: 0.3s;
  animation-name: show-balloon;
}

.s:hover .s-balloon {
  /*マウスホバー時のバルーンのスタイルです*/

  /*表示するようにします*/
  display: inline-block;
  opacity: 1;
  top: -40px;
}

.s-balloon::before {
  /*吹き出し部分の三角形を表示します*/
  content: "";
  position: absolute;
  top: 97%;
  left: 20px;
  border: 6px solid transparent;
  border-top: 6px solid blue;
}

@keyframes show-balloon {
  /*アニメーションを定義します*/
  0% {
    display: none;
    opacity: 0;
    top: -30px;
  }
  1% {
    display: inline-block;
    opacity: 0;
    top: -30px;
  }
  100% {
    display: inline-block;
    opacity: 1;
    top: -40px;
  }
}

擬似クラス:hover

cssjavascriptと違い、イベントを定義できませんが、擬似クラスという機能が用意されています。

例えば、リンクテキストの色を青色にする場合は

a{
  color: blue;
}

としますが、リンクテキストにマウスホバーした時は、文字色を赤にしたい場合があります。その場合は以下のようにします。

a{
  color: blue;
}
a:hover{
  color: red;
}

a:hoverとすると、a要素がマウスホバーしたときのみこのスタイルが有効になります。

サンプル

以下のようにhtmlを定義し、

<a class="sample1">ここにマウスを重ねてみてください<span class="sample1-balloon">バルーンポップアップを表示します</span></a>

cssを以下のように定義します。

sample1-balloonクラスはtopleftなどを使用して、表示位置を調整しておき、display:none;で非表示にします。

.sample1{
  color: black;
  text-decoration: none;
  position: relative;
}

.sample1-balloon {
  position: absolute;
  top: -40px;
  left: -15px;
  display: none;
  padding: 5px;
  color: white;
  background-color: blue;
}

.sample1:hover .sample1-balloon {
  display: inline-block;
}

完成形

あとはスタイルやアニメーションを使用して、見栄えを良くすれば完成です。

吹き出し部分の三角形を表示させる方法についてはcssで三角形を表示する方法で紹介しています。アニメーションについては別の機会に説明したいと思います。


関連記事

  • cssで三角形を表示する方法

    画像を使わずに、cssでスタイルを指定するだけで三角形を表示させる方法を紹介します。三角形を表示させるにはborder(枠線)を使用します。縦と横が重なる部分は、どちらかのスタイル(青か赤)を優先させ...


  • cssだけでホバー時にバルーンポップアップを表示させる

    javascriptを使わず、cssだけでマウスホバー時に、バルーンポップアップを表示させる方法を紹介します。cssはjavascriptと違い、イベントを定義できませんが、擬似クラスという機能が用意...


  • canvasでグラデーションを表現する

    線形グラデーションを使う場合はまずこの関数を使用して、グラデーションのオブジェクトを作成します。グラデーションを描画するという関数ではなく、グラデーションを定義する関数ですので、この関数を実行しただけ...


  • less|cssに変数を使い実装を効率化する方法

    lessには変数を使うだけでなく、変数の色をX%明るくしたり、暗くしたり、透過したり、といった便利な関数も用意されています。また、要素を入れ子にして設定したり、関数を自作できるなど、とても便利な機能が...


  • html5 canvasで色の指定と四角形の描画

    今回から実際に図形を描画していく方法を紹介します。最初はおそらく一番シンプルな関数である四角形を描画する関数の使い方を紹介します。図形を描画する関数を呼ぶ前に、スタイルを指定することによって、色をつけ...


  • canvasのアニメーションで軌跡・残像・フェードアウトを表現する

    アニメーションを応用し軌跡や残像を残したり。フェードアウトする方法を紹介します。軌跡を残すためにはクリアする処理をなくす必要があります。クリアをしなければ、前回描画した状態に対して追記する形になるため...


  • html5 marginとpaddingで余白を設定する

    htmlで余白の設定をするときは、marginとpaddingのスタイルを使用します。要素と要素の間の余白を設定する場合はmarginを使用します。paddingは要素の内側の余白を設定します。


  • html5 classを使って同じstyleをまとめる

    以下のように、同じスタイルを複数の箇所に記載しているときは、classを使えば同じスタイルを1箇所にまとめることができます。クラスはhtmlのhead部分に記載します。スタイルタグを記載し、その中に先...


  • html5 ブロック要素とインライン要素を理解する

    htmlの要素には大きく分けてブロック要素とインライン要素があります。インライン要素で指定すると、要素ごとの背景色は変更できているのですが、要素と要素の間については色が反映されません。ブロック要素でひ...


  • html5 ボーダーのスタイルで罫線を表示する

    罫線を引いて、より見た目をわかりやすくする方法を紹介します。ボーダーにはスタイル、色、太さなどの項目を設定する必要があります。