あまりに切ないミステリー小説「白砂」のレビュー・感想

本屋でおすすめしていた小説「白砂」鏑木蓮 (著)を読んでみました。

あまりに哀しく、美しいラストに涙腺崩壊!!

帯の紹介文より

ミステリー小説なのに涙腺崩壊とは珍しい組み合わせだな、と思いながら読んだのですが、確かにミステリーとしての予想を超える結末や涙を誘う哀しいシーンが両方あってとても重厚なストーリーでした。

心に残ったセリフ

一度の負けで絶望するやつは、一度勝っただけで、
すべてに成功したとうぬぼれる人間と同種だ。

作中より

捜査が思うように進展しないときに、刑事の主人公が部下に言ったセリフです。

ストーリー的にはあまり重要なシーンではないのですが、とても良いセリフだったので忘れないようにここで紹介することにしました。

レビュー

※以下はネタバレを含みますのでご注意ください

まずなんといっても小夜が可愛そうでならないです。。。物語の最初から殺された状態だったのでまだましなのかもしれませんが、クライマックスで殺されてしまうような展開だったらそれこそ涙腺崩壊だったでしょう。

ちなみに「小夜」の読み方がわからずに結局最後まで頭の中では「こよ」と読んでいました(絶対違うとはわかっていたのですが...)。正しくは「さよ」でしょうね。

ミステリーとしても面白かったです。犯人は途中でなんとなくわかってきてしまうので、最後にアッと言わせるようなどんでん返しを期待していました。期待を裏切らない衝撃的な事実がとても読み応えがありました。

代理ミュンヒハウゼン症候群

犯人は結局この病気だったのでしょうか。この小説を読んで初めてこの病名を知りました。気になったので少し調べてみました。

まず、ミュンヒハウゼン症候群とは自分に周囲の関心を引き寄せるためにケガや病気を捏造する症例のことを指します。代理ミュンヒハウゼン症候群は傷つける対象が自分ではなく他人になります。

ミュンヒハウゼン症候群と同じく自分に周囲の関心を引き寄せるためにケガや病気を捏造する症例だが、その傷付ける対象が自分自身ではなく身近の者に代理させるケースをいう。この症例は子を持つ母親に多く見られ、その傷付ける対象の多くは自分の子であり、子に対する親心の操作であったり、懸命または健気な子育てを演じて他人に見せることによって周囲の同情をひき、自己満足することも挙げられる。

代理ミュンヒハウゼン症候群(ウィキペディア)


関連記事

  • ドクターフーの小説で楽しく洋書を多読

    イギリスの人気海外ドラマ「ドクターフー」の小説がとても面白かったので紹介します。ドクターフーの小説は、英語学習者用の語数制限のあるような小説ではなく、英語圏の人が普通に読む洋書なので、レベルは比較的高...


  • 温かい家族愛にほっこり癒やされる小説5冊

    温かい家族愛が印象的だった小説を紹介します。忙しい日々を過ごしていると、大切なことを忘れてしまい、価値観が歪んできてしまいます。家族の絆を再認識することにより、忘れていた大事なことを思い出させてくれま...


  • イギリスの小説が面白い!イギリス作家のおすすめ小説5冊

    海外小説が好きでよく読むのですが、個人的にはイギリスの小説が一番おもしろいと感じています。イギリスの小説だから、イギリスの作家だから好きというわけではありませんが、読んでとても面白かった小説の作家がた...


  • 小学生におすすめ 主人公と共に成長できる小説5冊

    子供の頃にこの小説に出会っていたらもっと違う学生時代を送っていたかもしれない...といった感じの小説に最近出会うことが多いので、ここで小学生に読んでもらいたいおすすめの小説を紹介します。小説を読むこと...


  • 感動する・泣けるおすすめの海外文学5冊(海外小説)

    おすすめの感動する海外小説を紹介します。海外小説というと、翻訳によっては読みづらかったり、文化の違いから世界観になかなか入り込めなかったりして、敬遠されがちですが、ここで紹介する海外小説はとても読みや...


  • 大どんでん返しがすごいミステリー小説5冊

    読者を騙す巧妙なミスリードなどで、最後の最後まで結末が読めないようなおすすめの小説を5冊紹介します。大どんでん返しがあるという紹介自体がネタバレになりそうですが、ライアーゲームのように結末が2点3点し...


  • イギリスのベストセラー作家 カズオイシグロのおすすめの小説5冊

    イギリスのベストセラー作家 カズオイシグロの面白かったおすすめの小説を紹介します。作品数はそれほど多くないのですが、1作1作全くジャンルが異なり、人によって好みが別れる作品が多い印象を受けました。実際...


  • 感動する・泣けるおすすめの小説5冊(日本人作家)

    いままで読んだ小説の中から、おすすめの感動する小説を紹介します。悲しさ・切なさによる感動というよりも、登場人物の暖かさに触れて感動できるような小説が個人的には好きなようです。基本的に小学生や中学生でも...


  • 東野圭吾のおすすめの小説5冊

    これから東野圭吾の小説を読もうと思っているが、たくさんありすぎてどれを読めばいいか迷っているという方、私がいままで読んだ東野圭吾の小説で特に面白かったものを紹介します。昔図書館で夢中になって読んだ本ば...


  • 中学生におすすめ 思春期に心の成長をもたらす小説5冊

    中学生に読んでもらいたいおすすめの小説を紹介します。悩みの多い複雑な時期の中学生が、小説を通して精神的な成長ができるような小説を選びました。思春期で精神的に不安定なこの時期には、小説での人生の疑似体験...