canvasのアニメーションの基本的な考え方

html5 canvasで円・円弧を描画するまでで多角形や円などの図形を描画できるようになりました。

今回は描画した図形を動かしてアニメーションを行う方法を紹介します。

アニメーションの考え方

アニメーションはパラパラマンガのように、微妙に違う静止画を連続で切り替えることによって動いているように見せることで表現します。

canvasでも、描画する図形を微妙に変化させながら何回も連続で再描画することでアニメーションを表現します。

ループ処理

連続で描画するためには、描画処理の関数をループで何回も呼ぶ必要があります。ループ処理はsetTimeoutなどでも可能ですが、ここではrequestAnimationFrameを使用します。対応していないブラウザもあるので、以下のように定義します。

var requestAnimationFrame = ( function(){
  return window.requestAnimationFrame ||
    window.webkitRequestAnimationFrame ||
    window.mozRequestAnimationFrame ||
    window.oRequestAnimationFrame ||
    window.msRequestAnimationFrame ||
    function(callback){
      window.setTimeout(callback, 1000.0 / 60.0);
    };
})();

実装例

x座標の位置を変数にして、ループするごとに少しずつ加算して表示することにより、横移動をするアニメーションを再現できます。

$(function ($) {
  //描画処理をファンクションで定義します
  function drawCircle(){
    context.beginPath();
    context.arc(x, 300, 30, (0/180)*Math.PI, (360/180)*Math.PI);
    context.fillStyle = 'rgb(0, 255, 0)';
    context.fill();
  };

  //アニメーションの処理
  function loop() {
    requestAnimFrame(loop);
    //描画をクリア
    context.clearRect(0,0, context.canvas.width, context.canvas.height);
    //ループ毎にx座標を加算
    x += 1;
    //x座標が領域外の場合は最初の位置に戻す
    if(x>canvas.width()) x=0;
    //描画処理
    drawCircle();
  }

  var canvas;
  var context;
  var x; //x座標

  canvas = $('#c1')[0];
  if (canvas.getContext){
    context = canvas.getContext('2d');
    x = 0; //x座標
    loop(); //アニメーションを実行
  }
});

数学のグラフのように、y座標の位置をx座標の位置によって変化させれば以下のようなアニメーションも可能です。

$(function ($) {
  //描画処理をファンクションで定義します
  function drawCircle(){
    context.beginPath();
    //y=sin(x)のグラフを再現
    context.arc(x, (Math.sin((x/180)*Math.PI))*100+300, 10, (0/180)*Math.PI, (360/180)*Math.PI);
    context.fillStyle = 'rgb(0, 0, 255)';
    context.fill();
  };

  //アニメーションの処理
  function loop() {
    requestAnimFrame(loop);
    //描画をクリア
    context.clearRect(0,0, context.canvas.width, context.canvas.height);
    //ループ毎にx座標を加算
    x += 1;
    //x座標が領域外の場合は最初の位置に戻す
    if(x>canvas.width()) x=0;
    //描画処理
    drawCircle();
  }

  var canvas;
  var context;
  var x; //x座標

  canvas = $('#c1')[0];
  if (canvas.getContext){
    context = canvas.getContext('2d');
    x = 0; //x座標
    loop(); //アニメーションを実行
  }
});

関連記事

  • html5 canvasの多角形の描画方法とパスの基本的な考え方

    多角形を描画するためには、起点となる座標だけでなく、各頂点の座標もすべて指定する必要があります。各頂点の座標を指定し、指定した順番に頂点同士を線でつないでいけば多角形を描画することができます。考え方と...


  • canvasでグラデーションを表現する

    線形グラデーションを使う場合はまずこの関数を使用して、グラデーションのオブジェクトを作成します。グラデーションを描画するという関数ではなく、グラデーションを定義する関数ですので、この関数を実行しただけ...


  • html5 canvasで色の指定と四角形の描画

    今回から実際に図形を描画していく方法を紹介します。最初はおそらく一番シンプルな関数である四角形を描画する関数の使い方を紹介します。図形を描画する関数を呼ぶ前に、スタイルを指定することによって、色をつけ...


  • html5 marginとpaddingで余白を設定する

    htmlで余白の設定をするときは、marginとpaddingのスタイルを使用します。要素と要素の間の余白を設定する場合はmarginを使用します。paddingは要素の内側の余白を設定します。


  • canvasのアニメーションで軌跡・残像・フェードアウトを表現する

    アニメーションを応用し軌跡や残像を残したり。フェードアウトする方法を紹介します。軌跡を残すためにはクリアする処理をなくす必要があります。クリアをしなければ、前回描画した状態に対して追記する形になるため...


  • cssで三角形を表示する方法

    画像を使わずに、cssでスタイルを指定するだけで三角形を表示させる方法を紹介します。三角形を表示させるにはborder(枠線)を使用します。縦と横が重なる部分は、どちらかのスタイル(青か赤)を優先させ...


  • html5 classを使って同じstyleをまとめる

    以下のように、同じスタイルを複数の箇所に記載しているときは、classを使えば同じスタイルを1箇所にまとめることができます。クラスはhtmlのhead部分に記載します。スタイルタグを記載し、その中に先...


  • html5 ブロック要素とインライン要素を理解する

    htmlの要素には大きく分けてブロック要素とインライン要素があります。インライン要素で指定すると、要素ごとの背景色は変更できているのですが、要素と要素の間については色が反映されません。ブロック要素でひ...


  • html5 ボーダーのスタイルで罫線を表示する

    罫線を引いて、より見た目をわかりやすくする方法を紹介します。ボーダーにはスタイル、色、太さなどの項目を設定する必要があります。


  • pタグとh1タグの段落と見出しで読みやすい文章構成を作成する方法

    段落と見出しを表示して、読みやすい文章のレイアウトを表現する方法を紹介します。作文などで文章を書くときは、文の区切りには段落を入れて読みやすくすることがあります。htmlでも段落を意味するタグがありま...